ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

版元:新潮社 著:ブレイディみかこ 四六判変型 P254 2019年6月刊

慣れ親しんだハイソなカトリック校ではなく、あえて階級も人種もごちゃ混ぜな「元・底辺中学校」に進学した、イギリス・ブライトンの中学生の日常を、母であるブレイディみかこさんが書き記した一冊。

いま大人たちの世界は、どんどん分断が進み、もはや、わかりあう事を諦めてしまいそうになるくらい。

でも、ここに出てくる子どもたちは違う。貧困、差別、ジェンダー… そんな世界のヘビーな現実に直面しながらも、自分の頭で考え、言葉にし、時に歌い、踊り、それを自分たちのやり方で乗り越え、他者とわかり合おうとしていくのだ。

懸命にサヴァイブする子どもたちの姿に、不覚にも、何度も涙腺が緩んでしまった。ワーキングクラスヒーローの卵とでも言うべき水泳選手とか、低所得者団地のラッパーとか、カッコ良すぎてヤバい。

ブレイディさんの、そっと言葉という補助線を与えながら、子どもと一緒に考える姿も素晴らしい。

¥ 1,485

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコDM便

    受領印をいただかない投函サービスです。
    お届け日の目安は発送日から翌々日です。

    全国一律 210円

※11,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する