ワイルドサイドをほっつき歩け ハマータウンのおっさんたち

版元:筑摩書房 著:ブレイディみかこ 四六判並製 P256 2020年6月刊

若いころは好き勝手やってても、おっさんになるとしばしば、金や家族、仕事の問題に忙殺され、飼い慣らされた存在になってしまうものだ。

でも、ここに出てくるおっさん達は、違う。人生はどん詰まり気味ながらも、ブレグジット、移民問題、緊縮経済といった政治やコミュニティの問題にがっつりコミットし、考え、議論し、行動する。そう、労働者階級のスピリットとアティチュードは決して忘れない。

ブレイディさんの前作『ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー』で、子どもたちがストラグルする姿も感動的だったけど、今作で半分枯れたおっさん達が悪戦苦闘する姿も、また違う意味でシビれます。

¥ 1,485

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコDM便

    受領印をいただかない投函サービスです。
    お届け日の目安は発送日から翌々日です。

    全国一律 210円

※11,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する