父の話をしましょうか~加古さんと松居さん~

鈴木万里 (著), 小風さち (著), NPOブックスタート (編集)

「時代に合った絵本を作りませんか」
敗戦からまだ10年も経たない混乱期。日々の生活を成り立たせるのに精一杯の日本で、だからこそ、子どもたちに明るい未来を約束しようと、新しい絵本作りに挑戦した作家の卵と若き編集者がいました。加古里子と松居直。ふたりはどのように「時代に合った」かつ「子どもが繰り返し楽しむ」絵本を生み出し、日本のみならず世界にも絵本の種をまき、育ててきたのでしょうか。その出会いと仕事の一端を、娘たちが貴重な資料をまじえて語り合います。

加古里子の長女
1957年神奈川県生まれ。清泉女子大学卒業後、母校清泉女学院中学・高等学校で英語教師として11年間勤務。2003年より加古総合研究所に勤務、2018年より同研究所代表。

松居直の長女
1955年東京都生まれ。白百合女子大学卒。1977年から10年間イギリスに滞在。帰国後『とべ!ちいさいプロペラき』を出版、絵本作家となる。「わにわに」シリーズや『あむ』など著書多数。『ゆびぬき小路の秘密』で野間児童文芸新人賞受賞。

単行本: 54ページ
出版社: ブックスタート (2020/3/31)

¥ 660

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコDM便

    受領印をいただかない投函サービスです。
    お届け日の目安は発送日から翌々日です。

    全国一律 210円

※11,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する