自分の薬をつくる

版元:晶文社 著:坂口恭平 四六判並製 292P 2020年7月刊

誰にも言えない悩みは、みんなで話そう。
坂口医院0円診察室、開院します。

「悩み」に対して強力な効果があり、心と体に変化が起きる「自分でつくる薬」とは?

これは戯曲? エッセイ? 自己啓発?
鬼才坂口恭平、ついに医師になる。
あっという間に読めて、不思議と勇気づけられる!

2019年に実際に行われたワークショップを誌上体験。「いのっちの電話」では、なぜ電話をかけた人たちが楽になり、元気になれるのか。いったい何がそこで起こっているのか。その秘密とは。全部教えます。

コロナ禍が蔓延している現代日本に向けて、「非日常につける薬――あとがきにかえて」も書き下ろし掲載。
(版元紹介より)

¥ 1,650

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クロネコDM便

    受領印をいただかない投函サービスです。
    お届け日の目安は発送日から翌々日です。

    全国一律 210円

※11,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する