プルーストを読む生活2 第二編 見出された「私」

版元:零貨店アカミミ 著:柿内正午 文庫サイズ 447P 2020年4月刊

マルセル・プルースト『失われた時を求めて』を井上究一郎薬で読み続け、書き続けた読書日記の完結篇。着実にプルーストを読む生活がおしまいに向かっていくなか、ほとんどプルーストの話をせず、その時々読んでいた本を長々と引き写していく傾向はますます過剰になり、どんどん自分の文体や日記の条件を見失っていく。そんな生活のただなかで見出された読書の喜びとは。note未掲載「プルーストを読まない生活」も収録。
(版元紹介より)

¥ 1,650

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ネコポス

    ヤマト運輸が小さな荷物を宅急便レベルの翌日配達でポストに投函するサービスです。

    全国一律 410円

※11,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する