1/2

先生、どうか皆の前でほめないで下さい: いい子症候群の若者たち

¥1,650 税込

残り1点

¥15,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

挑戦や変化が成長につながらず、チャレンジしても得られるものがないと若者が思っているのは、大人がそう見せつけてきたからだ。自分が出来もしないし、やりもしないことを、若者に押し付けるなんて搾取以外の何者でもない。
ー『先生、どうか皆の前でほめないで下さい』(金間大介)
・・・・・・・・・・・・・
金間 大介 (著)
ほめられたくない、目立ちたくない、埋もれていたい……。今、こんな若者が激増している。
・「成功した人もしない人も平等にしてください」
・選択の決め手はインフルエンサー
・「浮いたらどうしようといつも考えてます」
・LINEグループで育まれた世界観
・もう「意識高い系」とすら言わない
・上司からの質問を同期に相談する
・自分に自信はないけど社会貢献はしたい
令和の時代の重大異変を、イノベーションとモチベーションの研究家が徹底分析!
出版社 ‏ : ‎ 東洋経済新報社 (2022/3/18)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (192)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,650 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品