1/2

男がつらい! - 資本主義社会の「弱者男性」論 - (ワニブックスPLUS新書)

¥968 税込

残り1点

¥15,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

自分のなかの弱さ、不幸、絶望を言葉にし、それを社会化=公共化していくということは、同時に、自分の中の言葉にならないものを、つまり沈黙(暗黒)の部分を、本当の意味で大事にすることでもあるはずです。

ー『男がつらい! 資本主義社会の「弱者男性」論』(杉田俊介)
・・・・・・・・
杉田 俊介 (著)

冴えない、裕福でもない、特別な才能もない
平凡な人生を幸福に生きていく――

男たちの新しい生き方のモデルを提示する意欲作
〝男らしさの呪縛″から解放されよう!

現在の男性たちには、案外、
低く鈍く冴えない人生を幸福に生きていくというモデルが
あまりないのではないか?
極端にマッチョな「男らしさ」だったり、
家父長制度的な意味での父親像だったり、
自己啓発的に勝ち抜けるような男性像だったり、
リベラルでスマートすぎる男性像だったり……
そのような「男」の人生のモデルはあるけれども、
それ以外にもいろんな選択肢や「物語」があってもいい。

「ぼくたちもだらだら、まったり楽しんでいい!」
出版社 ‏ : ‎ ワニブックス (2022/10/11)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (215)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥968 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品