1/2

ケアリング・ストーリー

¥1,980 税込

残り1点

¥15,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

故郷を遠く離れる、とは、ちょっとまえまで、今生の別れと同義だったのだが、それと同じような状況が生成しつつある。そして、おそらくそのほうが、生きることのリアリティに近いことなのだとみんなわかりつつある。わたしたちは皆、自分の周囲にいる人たちと生きてゆき、そこにいる人たちに囲まれて、この世をさるのだと。
ー『ケアリング・ストーリー』(三砂ちづる)
・・・・・・
三砂 ちづる (著)

ブラジルで子どもを育て、日本で父と夫を看取った疫学研究者が、人生の後半に綴るエッセイ。「父の元気なときは、これ食べすぎちゃ『からだにわるいよ』と言い、認知症になってなにもわからなくなってからは、食べないと『からだにわるいよ』と言ってしまう娘は、どうすればよかったんだろう、と、いまも、わからない」。介護や看取り、家族や夫婦の関係などを、国際母子保健の世界を渡り歩いた経験を交えて浮き彫りにする。誰かを気にかけたり、大切に思うこと=「ケアリング」という言葉から広がった25篇のストーリー。

出版社 ‏ : ‎ ミツイパブリッシング (2022/12/12)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (241)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,980 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品