1/2

本屋で待つ

¥1,760 税込

¥15,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

時代の厳しさはもうじゅうぶん、わかった。それなら、うちの店はなにをやろう?そう考えはじめるところから、ほんとうの仕事のおもしろさがはじまるのではないか、とぼくは思う。

ー『本屋で待つ』(佐藤友則・島田潤一郎)
・・・・・・・
佐藤友則 島田潤一郎著

こんな本屋があったんだ。お客さんと書店員たちの胸打つ物語

広島県庄原市にある書店「ウィー東城店」。店長の佐藤友則さんは赤字続きだったこの店を、「お客さんの要望にこたえる」という姿勢を徹底して貫くことで、黒字化させます。こわれた電気機器の相談や、年賀状の宛名書き。山間の田舎の書店に望まれることの多くは、高齢者たちの生活の相談にのることでした。それだけでなく、店は美容院を併設し、エステルームをつくり、コインランドリーをもつくります。
本書はそうした「書店の複合化」の物語である一方、引きこもっていた若者たちが書店をとおして成長していく物語でもあります。ある日、「学校に行けなくなった子どもを働かせてほしい」と相談され、それからウィー東城店にはそうした若者たちが次々とやってきて、レジを担当し、棚を担当します。彼らはお客さんと接し、本と接することで次第に快復し、何人かは社員となり、そのうちのひとりは佐藤友則さんの次の店長となって、店を支えます。装画、挿絵は『急がなくてもよいことを』で注目を浴びる漫画家、ひうち棚さん。本屋の可能性を伝える、感動的な一冊です

発行 夏葉社

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (241)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,760 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品